在マレーシア日系企業の工場勤務に就職するには

海外で勤務をする場合でも、日本人を雇う企業が多くなっている事、生活費を安く住ませる事ができる事から、かなり快適な生活をする事ができる事を理由に、海外就職の目的地として人気がある国がマレーシアです。そして、マレーシアで日本人が就労する仕事の中でも、サービス業と並んで多いのが製造業です。製造業で働く場合には、事務員として日本とのやり取りをオーガナイズ仕事がある他に、工場勤務をすることで、現地の職員を管理する職、もしくは技術者として、現地の職員を教育する仕事があるのですが、工場で働く場合でも、日系企業の中で駐在員として勤務をする為には、どのように職を見つければいいのでしょうか。

日系企業の中で仕事を見つける場合には、現地で直接求人に応募をする方法もあるのですが、ほとんどの場合では、日本国内でその企業でしばらく経験を積んだ後に、海外転勤という形で現地で働く人が多くなっています。また、近年では駐在員の求人数が少なくなってきており、志願者がかなり多くなっている事から、なかなか職に就く事が難しくなっています。ですので、事前にそれぞれの企業が、どこに支社を持っているのかを調べておく事、駐在員の採用はどのように行っているのかを調べた上で、海外勤務を希望する人の為のJACリクルートメントやAgensiPekerjaan Career Medi(M)Sdn.Bhdなどのエージェントに自分の履歴書を登録しておきましょう。

しかし、なかなか国内で仕事を見つける事ができない場合でも、現地で応募をすると採用される可能性もあるので、両方の求人方法を試してみる事が、より効率的に職を見つける為には有利です。