月別アーカイブ: 2013年12月

マレーシアのIT求人とは、日本人の可能性とは

日本人が必要とされている職場の中でも、全ての国で最も需要がある職、それがIT系の企業です。現在では、全ての企業が自社のホームページを持っている他、個人のお店でもホームページを持っている事が多い事から、ネット構築を始めとした業界は、常に求人が出ている場所でもあります。また、マレーシアにおいては、外資系の企業が参入を始めていることから、ネット関連の技術力がある日本人を積極的に雇っている企業が多くなっているので、この分野に特化した技術を持っている場合であれば、かなりの確立で仕事を見つける事ができます。

しかし、この業種で仕事を探す場合でも注意すべき点があります。それは、技術者の場合であっても、企業の中で働く場合にはプレゼンテーション能力をしっかりと持っている人が優先的に採用される傾向にあるという事です。つまり、アイデアや能力がある一方で、自分がやりたいプランを言語化できない場合には、企業にとって不要な人材と見なされてしまう可能性があるのです。また、しっかりと相手にアイデアを伝えるという点では、英語力が必要になってくる職種でもあるので、現地で仕事を探す以前に、英語をしっかりと習得しておく事が、より仕事を探しやすい環境を構築していく為には有利になります。

ですので、これから日系の企業の中の駐在員として現地で仕事を探すだけではなく、ローカル企業の中で仕事を見つける場合であっても、国内にいるときから、海外就職をメインとした求人支援サイトで下準備をしておく事、なおかつ、短期留学などを利用して語学力を身につけておく事がいいでしょう。

マレーシアで働く!求人情報を探す方法とは

海外で働く場合でも、求人の多さや現地生活のし易さから人気がある場所、それがマレーシアです。この国では、徐々に日系の企業が現地に支社を持つようにする事や、製造業だけではなく貿易の面でも日本とのつながりが強くなってきた事から、日本語のネイティブスピーカーの需要が現地でかなり高まってきているため、海外で就職を考えている人の中には、この国で就職する事を選ぶ人も多くなってきたのです。

また、この国で日本人が働く場合の方法としては、日系企業の中で働きながら、駐在員として現地で働く方法の他に、現地の企業に就職をする2つのパターンがあります。そして、どちらも勤務地は同じになっている一方で、有給休暇や給料の面では、日本の法律に基付いた日系企業と、現地の法に則った現地の企業とでは全く異なっているので、どちらの方が自分の将来に取っては有利になるのかを考えた上で、より自分のニーズに合わせた仕事を選んでいくといいでしょう。

そして、これらの職に就く為の求人情報を探す場合には、桜リクルート社などの現地における職業サポートを行っている人材派遣会社に登録しておく事が、現地で仕事を見つける為にはかなり有利な方法になります。そして、駐在員として働く事を希望している場合には、日本国内の企業の中でも海外に支社を持っている場所を探す事や、駐在員の募集を行っている企業を探す必要があるため、業種によっては、現地で仕事を探す場合よりもかなりややこしくなっている場合もあるのです。