月別アーカイブ: 2013年11月

日本企業でマレーシア勤務の求人を探して就職する

これからマレーシアで企業に勤める場合の方法としては、現地で日本人の採用を行っている企業に勤める方法、もしくは、日系企業の中でもマレーシアに支店を持つ企業に駐在員として就職をする方法です。現地で直接就職先を探す場合には、国内にいるときから、海外進出のサポートを行っているJACリクルートメントを利用する事が、より効率的に仕事を見つける事ができる方法です。また、求人に応募をする倍率を比べた場合でも、現地の企業が日本人を探している率が高くなっている物の、日本人がまだまだ足りない状況にあるので、駐在員として働く場合よりも、よりチャンスがあります。

そして、駐在員として日系の企業で働く場合ですが、海外に支店を持つ企業のほとんどは、製造業が多くなっています。そして、その中でも技術者やある程度の経験者を優先する傾向にある事から、かなり倍率が高くなっている事が特徴としてあるのです。ですので、これから駐在員としてマレーシア勤務をする事を考えている場合には、どの企業がマレーシアに支社を持っているのかから調べ始めるといいでしょう。また、国内での仕事を探す場合でも、海外に移住する事を考えて就職をするのであれば、国内企業をメインとした一般の就職サイトを利用するのではなく、外資系企業への就職サポートをメインとしたサイトを利用してみるといいでしょう。

その他にも、駐在員としてマレーシアで勤務をする事を望んでいる場合には、一つの業種に絞って企業を探すのではなく、なるべく色々な選択肢を持ちながら、どの企業が駐在員を探しているのかという観点で職を探していく事がいいでしょう。

マレーシアという国で就職するのに有利な資格はコレ

日本国内では、資格を持っている事が就職の際に有利になる事が多い事から、様々な種類の講座が開講されているのですが、その一方でマレーシアを始めとした海外では日本ほど重用しされる事なく、逆に、その人が持っている性格やアイデアが重要になる場面が多いです。特に、これから現地で外資系の職に就く場合には、日本とのやり取りだけではなく、アメリカやイギリスを始めとする他の諸国との話し合いが必要になる場合があるのです。そして、この職場で必要とされるのは、自分が考えている事をいかに明確な言葉で表現する事ができるのかということです。

つまり、どのような技能を持っているのかという事は、その職場で働く際に企業に取ってプラスになるかどうかを決める為の水準になるのですが、その技術を実現する為の工程をしっかりとプレゼンする能力がなければ、せっかく優れた能力を持っているにも関わらず、認められないという事があるのです。ですので、これから現地で仕事を探す場合には、自分の意見をはっきりとさせ、積極的にアピールをしていく事が、面接を受ける場合のプラスになるのです。

そして、日系企業で働く場合と、現地のローカル企業の中で社員として働く場合とでは、会社の雰囲気や他の社員とのやりとりなどが全て異なっているので、どちらの企業で働く事が、より自分のキャリアに取ってのプラスになるのかをしっかりと考えた上で、企業のタイプを選んでいくようにする事がいいのです。

在マレーシア日系企業の工場勤務に就職するには

海外で勤務をする場合でも、日本人を雇う企業が多くなっている事、生活費を安く住ませる事ができる事から、かなり快適な生活をする事ができる事を理由に、海外就職の目的地として人気がある国がマレーシアです。そして、マレーシアで日本人が就労する仕事の中でも、サービス業と並んで多いのが製造業です。製造業で働く場合には、事務員として日本とのやり取りをオーガナイズ仕事がある他に、工場勤務をすることで、現地の職員を管理する職、もしくは技術者として、現地の職員を教育する仕事があるのですが、工場で働く場合でも、日系企業の中で駐在員として勤務をする為には、どのように職を見つければいいのでしょうか。

日系企業の中で仕事を見つける場合には、現地で直接求人に応募をする方法もあるのですが、ほとんどの場合では、日本国内でその企業でしばらく経験を積んだ後に、海外転勤という形で現地で働く人が多くなっています。また、近年では駐在員の求人数が少なくなってきており、志願者がかなり多くなっている事から、なかなか職に就く事が難しくなっています。ですので、事前にそれぞれの企業が、どこに支社を持っているのかを調べておく事、駐在員の採用はどのように行っているのかを調べた上で、海外勤務を希望する人の為のJACリクルートメントやAgensiPekerjaan Career Medi(M)Sdn.Bhdなどのエージェントに自分の履歴書を登録しておきましょう。

しかし、なかなか国内で仕事を見つける事ができない場合でも、現地で応募をすると採用される可能性もあるので、両方の求人方法を試してみる事が、より効率的に職を見つける為には有利です。